自分が輝く宝石を選ぼう〜あなたに似合うアクセサリー選び〜

アクセサリーが伝えること

アクセサリーは身を飾るものとして存在するだけでなく、身につけることによって他者にメッセージを伝える役割も果たしています。
たとえば結婚指輪があります。
これはいうまでもなく婚姻した者同士がつけることで当人間の約束の象徴となるだけでなく、社会的にも婚姻している身分であることを示します。
インドの結婚式では、花嫁はノーズディカと呼ばれる花嫁用の鼻ピアスをつける習慣があり、そのため既婚女性は左の小鼻にピアスをつけていることが多いそうです。
またグループの一員としての証としてアクセサリーが利用されるケースもあります。
タイのカレン族は首長族とも呼ばれ、女性は細長い金属の輪を首、手首、ひざにつけ、他の部族との区別をはかっています。
外見上はアクセサリーである金の輪しか見えないのですが首が長いほど美しいとされ、アクセサリーが身体の一部となっているような例といえるでしょう。
またアクセサリーは社会的な地位を示す役割もはたします。
ヨーロッパの王族などが身につける王冠などがその例です。
王族や貴族などが身分を示すために宝石などがちりばめられた冠をかぶり、女性がかぶる冠はティアラと呼ばれました。
一目で位の高さを民衆に示すものであり、現代では公式行事や結婚式などで王族が身につける姿をみることができます。
また一般人によるアクセサリーの日常使いにおいてもその人の常識や人間性について周囲にメッセージを伝えます。
冠婚葬祭などTPOに応じたアクセサリーの正しい身につけ方を知り、礼儀をわきまえて身につけることがアクセサリー使用の最低限のルールといえるでしょう。
Search


Copyright (C)2017自分が輝く宝石を選ぼう〜あなたに似合うアクセサリー選び〜.All rights reserved.