自分が輝く宝石を選ぼう〜あなたに似合うアクセサリー選び〜

上半身を着飾るアクセサリーの種類

一般的なアクセサリーの意は飾りとして衣類や身につけるものをいいますがその形態は様々です。
アクセサリーとして身につけられている代表的なものについて取り上げてみましょう。
外見上を飾るものとしてあげられるのは、ネックレス、指輪、ヘッドドレス、イヤリング、ブローチ、ブレスレットなどがあげられます。
胸元以外はほとんどドレスに覆われた数百年前のヨーロッパの貴婦人が身につけていたことからもわかるように首、指、頭、耳、胸元、腕と上半身を飾るものがほとんどです。
ネックレスは首の根にそった形のチョーカーと、チェーンやひもに宝石などの飾りを下げたペンダントとに分類されます。
指輪は平らで幅の広いバンド・リングと婚約指輪に代表される輪に宝石が一つだけついたソリテール・リングとに分かれます。
ヘッドドレスとは頭につける飾りですが、かみの乱れ防止とおしゃれのために頭に巻くバンド状の髪飾りをヘアバンド、髪を挟んでとめるヘアピンがあります。
また他にもレースやリボンなどの飾りのついた帽子も含まれます。
イヤリングは耳につける飾りですが、耳たぶに穴を開けてつけるピアスと耳たぶを前後からはさみこんでつけるイヤリングとがあります。
ブローチは衣類などの胸元にクリップや安全ピンで飾りをとめたものをいいます。
そして生花や造花でつくった花飾りを胸元につけたものをコサージュもと呼びます。
ブレスレットには金属を鎖状につけたチェーン・ブレスレットや手首に沿ってつくられた固い輪の形をしたバングルがあります。
Search


Copyright (C)2017自分が輝く宝石を選ぼう〜あなたに似合うアクセサリー選び〜.All rights reserved.