自分が輝く宝石を選ぼう〜あなたに似合うアクセサリー選び〜

本真珠・南洋真珠・黒真珠

誕生石の一つでもある上品に光り輝く真珠を使ったアクセサリーは冠婚葬祭にと重宝されます。
日本人によって世界初の真珠養殖を成し遂げられ、高価な天然真珠しかなかった真珠は養殖され世界中のアクセサリーとして普及しました。
本真珠と呼ばれるものは、アワビの内部に形成される天然真珠をさしますが、現在では養殖を含むアコヤガイの真珠をさすことが多いです。
日本で養殖されるほとんどがアコヤ真珠ですが、母貝自体がそれほど大きくないため、真珠サイズも約2mmから10mm程度です。
色はホワイトピンク系、ホワイトグリーン系、クリーム系、ゴールド系などがあり、貝の性格上きめ細かい結晶を分泌するため、他の真珠に比べて丸くなる確率が高いとされます。
真珠の巻き、照り、傷、形、色の全てにおいて最高品質ものを「花珠(はなだま)」と呼び大変希少性が高いものとしてアクセサリーにも重宝されます。
南洋真珠とは、30cm以上のものもあるシロチョウガイから産する養殖真珠です。
母貝が大きいため、真珠も直径19mmくらいまで育つ場合もあり、シルバーリップという主に青みがかった色をしたオーストラリア産や、ゴールドリップと呼ばれる黄色や金色の珠の多いフィリピン産、ミャンマー産があります。
黒真珠は黒チョウガイから産する真珠で主にタヒチ、沖縄県で養殖されています。
深い緑に赤みがかった反射のある「ピーコックグリーン」と呼ばれるものは大変人気があります。
大きくて美しい照りのこれらの真珠は大変高価ですが、炭酸カルシウムで生成されているため汗や衝撃に弱い性質を持っています。
アクセサリーとして使用した後は柔らかい布でふくなどのケアが必要とされます。
Search


Copyright (C)2017自分が輝く宝石を選ぼう〜あなたに似合うアクセサリー選び〜.All rights reserved.