自分が輝く宝石を選ぼう〜あなたに似合うアクセサリー選び〜

マベ真珠、淡水パール、ケシ真珠

マベ真珠とはマベ貝から産する真珠で主に台湾、香港、インドネシア、奄美諸島で養殖されています。
真珠はシャンパンクリームの色で独特な光沢を持ち、半球形のものが多いですが、近年では養殖技術の向上で球形のものも少量ですが産出されています。
マベ真珠に似たものとして、南洋真珠でも半径真珠が養殖されていますが、母貝が違うため区別されます。
淡水パールとは、イケチョウガイやカラス貝といった淡水生の大型二枚貝の中にできる真珠で、日本では琵琶湖などで養殖されていますが、多くは中国から輸入されます。
形は養殖の際の作用により、一般的に楕円形のものが多く、ライス型、ドロップ型、スティック型などのさまざまな形状で得られます。
また色もホワイトはもちろんオレンジ、ピンク、紫などのものも多く、アクセサリーとして活用度の高い真珠です。
最近では養殖技術の向上により、一見するとアコヤ真珠や南洋真珠のように真円で大粒の物もつくられるようになりました。
また淡水パールのうち粒が小さく安価なものはビーズとして使用されています。
また丸い形をした真珠のイメージとは少し違ったものとして、真珠の母貝の生殖巣の中にできるケシ粒のように小さく人口核を持たない小粒の真珠をケシ真珠と呼びます。
養殖期間中に母貝が砂の粒や虫など異物を取り込んだことで、それが核の役割をはたし形成された真珠です。
形は楕円形や小石がいびつになったような形が見られます。
さらに小さい粒のものを砂ゲシと呼びます。
Search


Copyright (C)2017自分が輝く宝石を選ぼう〜あなたに似合うアクセサリー選び〜.All rights reserved.